トイレのつまりは早めにプロの専門業者へ

トイレをつまらせないよう事前から注意しましょう

つまり解決業者へ依頼

トイレは、どんな時につまってしまうのでしょうか。さっきまで普通に使えてたのに、突然つまってしまったというイメージがありますが、実はつまりの前兆として、次のことが挙げられます。まずは、便器に溜まっている水位がいつもより高くなっていたら要注意です。すでに排水管に若干のつまりがあると考えられます。また、水を流したときに、いつもと違う音がする場合も同様です。この場合は、何回か流すうちに、深刻な状態になって結局は業者に依頼する場合が多くなります。早めに管理会社や大家さんなどに相談してみましょう。

また、流す際の水の量が少ないと流しきれないので詰まりやすい原因になります。時々はタンクの中を確認してみましょう。トイレのつまりに関しては、そのやってしまった後悔と恥ずかしさから自分で解決しようと頑張りがちですが、あまり時間を掛けてしまうともっと大変なことになってしまうことも多くあります。ある程度、やってみて効果がなさそうだったら、早めに専門業者へ依頼しましょう。放っておくと汚水が溢れてきたりして、悪臭が発生する場合もあり、マンションなどの集合住宅の場合は、階下への影響も出始めます。そうなる前に連絡したほうが、修理代などの費用も安く済みます。ぜひ早めにプロの専門業者に解決してもらいましょう。

つまらせない方法

トイレのつまりを解消するには、やはり事前につまらせない方法を考えなくてはなりません。普段は気づかないことでも何気につまりを起こしそうな原因が潜んでいます。まず、最近よく見かける流せる掃除用シートや、流せるトイレットペーパーなどですが、もちろん普通に使う分にはそのまま流しても大丈夫ですが、必要以上の量を一気に流すなどの行為はやはりやめたほうがよいでしょう。特に掃除用シートに関しては、普通のトイレットペーパーよりも厚みがあり、大量に流すことによって嵩が増えます。その分つまりが発生しやすくリスクも増えます。ペット用の流せる砂も詰まった場合は固まってしまう場合が多く、修理代もかかってしまうので注意が必要です。

気づきにくいところでは、湿布とか使い捨てカイロなども便器に落としやすいものです。外出先などでは携帯電話や名刺などのポケットに入れているものなども落としやすく注意しましょう。その他、節約術として、よく水のタンクにペットボトルなどを入れて水量を調節している場合がありますが、本来は流すのに必要な適量を設定しているので、実はあまりお勧めできないことです。なるべく節約は別の部分でするようにしましょう。基本的なこととして、トイレの中、特にタンクの上や便器の周りに物を置くことなどは避けましょう。このようにトイレをつまらせないよう事前の注意を払うことはとても大事です。

トイレのつまり解決

毎日お世話になるトイレ。毎日のお掃除は欠かせないものですが、突然つまってしまって流れが悪くなったことはありませんか。流せるはずのトイレットペーパーなどでもあまりにも大量に流してしまった場合や流せるトイレクリーナーでも枚数を多く使って流してしまった場合は、トイレのつまりを発生しやすくし、危険なものです。水に溶けるといっても過信は禁物です。さらに、女性用品など水に溶けない素材のものを慌てて流してしまった場合は、膨張してしまうので、やはり取り除くしかありません。その際の自分でできる解決方法として、バケツの水を勢い注ぐなど、単純なものはそれで流れることがあります。それがなかなかうまくいかない場合は、よく使われるのがゴムでできているラバーカップというものですが、これを何回か繰り返し使用することによって、つまりが解消し流れるようになります。

ほとんどは、それで大丈夫ですが、排管の構造上つまった場所が思うように届かないところだったり、流してしまったものの形状が複雑で、どこかに引っかかったりしている場合など、どうしても自分では解消できなかった場合は、やはり専門の業者に依頼するよりほかはありません。トイレのつまりは、周りに迷惑をかけることが多いので、なるべく早めに連絡しましょう。特に集合住宅の場合は、溢れ出た汚水などが染み出す場合もあるので注意が必要です。そのため、業者のほうも30分前後で駆けつけることが多いようです。水が溢れてくるとパニックになりがちですが、なるべく落ち着いて連絡しましょう。