トイレのつまりは早めにプロの専門業者へ

トイレをつまらせないよう事前から注意しましょう

つまらせない方法

トイレのつまりを解消するには、やはり事前につまらせない方法を考えなくてはなりません。普段は気づかないことでも何気につまりを起こしそうな原因が潜んでいます。まず、最近よく見かける流せる掃除用シートや、流せるトイレットペーパーなどですが、もちろん普通に使う分にはそのまま流しても大丈夫ですが、必要以上の量を一気に流すなどの行為はやはりやめたほうがよいでしょう。特に掃除用シートに関しては、普通のトイレットペーパーよりも厚みがあり、大量に流すことによって嵩が増えます。その分つまりが発生しやすくリスクも増えます。ペット用の流せる砂も詰まった場合は固まってしまう場合が多く、修理代もかかってしまうので注意が必要です。

気づきにくいところでは、湿布とか使い捨てカイロなども便器に落としやすいものです。外出先などでは携帯電話や名刺などのポケットに入れているものなども落としやすく注意しましょう。その他、節約術として、よく水のタンクにペットボトルなどを入れて水量を調節している場合がありますが、本来は流すのに必要な適量を設定しているので、実はあまりお勧めできないことです。なるべく節約は別の部分でするようにしましょう。基本的なこととして、トイレの中、特にタンクの上や便器の周りに物を置くことなどは避けましょう。このようにトイレをつまらせないよう事前の注意を払うことはとても大事です。