トイレのつまりは早めにプロの専門業者へ

トイレをつまらせないよう事前から注意しましょう

トイレのつまり解決

毎日お世話になるトイレ。毎日のお掃除は欠かせないものですが、突然つまってしまって流れが悪くなったことはありませんか。流せるはずのトイレットペーパーなどでもあまりにも大量に流してしまった場合や流せるトイレクリーナーでも枚数を多く使って流してしまった場合は、トイレのつまりを発生しやすくし、危険なものです。水に溶けるといっても過信は禁物です。さらに、女性用品など水に溶けない素材のものを慌てて流してしまった場合は、膨張してしまうので、やはり取り除くしかありません。その際の自分でできる解決方法として、バケツの水を勢い注ぐなど、単純なものはそれで流れることがあります。それがなかなかうまくいかない場合は、よく使われるのがゴムでできているラバーカップというものですが、これを何回か繰り返し使用することによって、つまりが解消し流れるようになります。

ほとんどは、それで大丈夫ですが、排管の構造上つまった場所が思うように届かないところだったり、流してしまったものの形状が複雑で、どこかに引っかかったりしている場合など、どうしても自分では解消できなかった場合は、やはり専門の業者に依頼するよりほかはありません。トイレのつまりは、周りに迷惑をかけることが多いので、なるべく早めに連絡しましょう。特に集合住宅の場合は、溢れ出た汚水などが染み出す場合もあるので注意が必要です。そのため、業者のほうも30分前後で駆けつけることが多いようです。水が溢れてくるとパニックになりがちですが、なるべく落ち着いて連絡しましょう。